仏教情報総合サイト ブッダワールド BUDDHA WORLD

仏教系イベント情報
編集部おすすめの注目仏教イベント情報です。

【特別展示】日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」 日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」

今年(2017年)は日タイ修好130周年にあたります。この節目の年に修好記念事業として展覧会を開催します。
タイでは、仏教は人々の暮らしに寄り添う大きな存在であり、長い歴史のなかで多様な仏教文化が花開きました。本展では仏教国タイについて、タイ族前史の古代国家、タイ黎明期のスコータイ朝、国際交易国家アユタヤー朝、現王朝のラタナコーシン朝における仏教美術の名品を通じて、同国の歴史と文化をご覧いただきます。また、日本とタイの交流史についても合わせて紹介します。

=========================

会 期 2017年7月4日(火) ~8月27日(日)
会 場 東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間 9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで、日曜および7月17日(月・祝)は18:00まで開館)
休館日 月曜日(ただし7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館)
観覧料金 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)
中学生以下無料

交 通 JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
主 催 東京国立博物館、タイ王国文化省芸術局、日本経済新聞社、BSジャパン
共 催 国際交流基金アジアセンター
後 援 タイ王国大使館、タイ国政府観光庁
協 賛 NEC、花王、ぐるなび、スターツグループ、ダイキン工業、大日本印刷、東レ、トヨタ自動車、三菱商事
協 力 日本貨物航空
カタログ・音声ガイド 展覧会カタログ(2500円)は、平成館会場内、およびミュージアムショップにて販売しています。音声ガイド( 日本語、英語、中国語、韓国語 )は520円でご利用いただけます。
お問合せ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

=========================

詳細⇒東京国立博物館

【特別展】1000年忌特別展 源信 地獄・極楽への扉

1000年忌特別展 源信 地獄・極楽への扉

恵心僧都源信(えしんそうずげんしん)(942~1017)は奈良で生まれ、比叡山で修行を積んだ平安時代の僧侶です。源信は死後阿弥陀如来の来迎を受けて、極楽浄土へ生まれることを願う、浄土信仰を広めた僧として知られます。 『往生要集』(おうじょうようしゅう)などにより源信が示した具体的な死後の世界のイメージは、後世へも多大な影響を及ぼしました。 
 本展では地獄絵を含む六道絵(ろくどうえ)や阿弥陀来迎図(あみだらいごうず)といった源信の影響下で生まれた名品が一堂に会します。死後の世界へのイマジネーションを体感していただくとともに、真摯に死と向き合った名僧の足跡をご紹介いたします。

=========================

会 期 平成29年7月15日(土)~9月3日(日)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 毎週月曜日、7月18日(火) 
※ただし7月17日(月・祝)、8月14日(月)は開館
開館時間 午前9時30分~午後6時
※毎週金・土曜日と8月6日(日)~15日(火)は午後7時まで
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金
一般 高校・大学生 小・中学生
当日 1,500円 900円 500円
前売・団体 1,300円 700円 300円

主 催 奈良国立博物館、朝日新聞社、NHK奈良放送局
後 援 天台宗、比叡山延暦寺、文化庁、奈良テレビ放送
協 賛 あいおいニッセイ同和損保、きんでん、竹中工務店、ライブアートブックス
協 力 凸版印刷、日本香堂、仏教美術協会

------------------------------------------------------------------

公開講座

◆ 8月5日(土)「浄土の造形―源信以後を中心に―」 
武笠 朗 氏(実践女子大学教授) 
◆ 8月19日(土)「『往生要集』の成立―天台浄土教と源信の信心―」 
小原 仁 氏(聖心女子大学名誉教授) 
◆ 9月2日(土)「源信と浄土信仰の美術」 
北澤 菜月(当館学芸部主任研究員) 
※詳しくはちらへ

=========================

詳細⇒奈良国立博物館

平常展 「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」(第1期)―

平常展 「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」(第1期)

インドで誕生した仏教が日本に至るまでに2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧します。多様な 民族の顔に表現されたほとけのすがたや、さまざまな言語に翻訳され、異なる文字で記された経典、地域を超えて共有されてきた物語などは、 何より雄弁に仏教を取り巻く世界の広がりを伝えてくれることでしょう。

=========================

展示構成

《第1部 アジアの仏教》

インドで仏教が誕生し、アジア全域に広まる

・仏教誕生・・・釈尊(ガウタマ・ブッダ)の生涯とその教え
・仏教の広がり・・・インドから中央アジア、東南アジア、東アジアへ
・多様な仏教・・・出家修行者と在家信者が織りなす多様な仏教世界

《第2部 日本の仏教》

日本へ仏教が伝来し、日本社会に根付く

・仏教伝来・・・仏教伝来にかかわる史実と、伝承上の仏教伝来
・国家と仏教・・・国家政策としての仏教導入と貴族社会への浸透
・仏教文化の円熟と日本的展開・・・日本国内での仏教の歩みの上に新たに醸成され、幅広い階層に受け入れられていった仏教の諸相

------------------------------------------------------------------

会期:2017年 7月1日(土) ~ 8月27日(日)

休館日: 月曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間:10:00 ~ 17:00 ※最終入館受付は16:30まで

入館料:
○一般 500 (400)円
○シニア・大学生 400 (300)円
○高校生 300 (200)円
※( )内は前売り、20名以上の団体料金
※シニアは65歳以上
※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方
およびその介護者1名は無料

=========================

詳細⇒龍谷大学 龍谷ミュージアム

特別展  アンニョンハセヨ!元暁法師―日本がみつめた新羅・高麗仏教―

特別展 アンニョンハセヨ!元暁法師―日本がみつめた新羅・高麗仏教―

新羅の学僧・元暁(がんぎょう 617~686)は、韓国において最も尊崇される高僧の一人です。その生涯は不可思議な伝説をともなって語られ、日本の聖徳太子に比されることもあります。現代の日本では、あまり名前を聞くことはありませんが、実は日本の仏教に少なからず影響を与えた僧侶です。 
 今年、生誕1400年を迎えた元暁法師にちなみ、日本が伝えてきた新羅・高麗仏教の真髄を示す文化財を、一堂に会した特別展を開催します。元暁とその時代に息づいた新羅・高麗仏教の世界をご堪能ください。 
 なお、本展示は2015年より共同研究を進めてきた韓国・東国大学校仏教文化研究院HK研究団との共催事業です。

=========================

主催:神奈川県立金沢文庫・東国大学校仏教文化研究院HK研究団

後援:駐日韓国大使館 韓国文化院、駐横浜大韓民国総領事館、公益財団法人日韓文化交流基金、韓国研究財団

会場:神奈川県立金沢文庫

会期:平成29年6月23日(金)~8月20日(日)

休館日:毎週月曜日(7月17日は除く)、7月18日(火)

観覧時間:午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 

交通:京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分) 
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分

=========================

詳細⇒神奈川県立金沢文庫

【展示】創建1250年記念、奈良西大寺展

奈良西大寺展

創建1250年を記念し、西大寺蔵の彫刻や絵画、工芸、古文書など国宝、重要文化財を含む名宝の数々を公開します。

新たに国宝に指定された「興正(こうしょう)菩薩坐像」と重要文化財「愛染明王坐像」が3会場を巡回するほか、重要文化財「文殊菩薩四侍者像」が東京展・山口展を巡回します。大阪展では「塔本四仏坐像」を4体揃えて展示します。

京都・浄瑠璃寺の秘仏、重要文化財「吉祥天立像」を東京展・大阪展にて期間限定で公開します。

また、重要文化財「聖徳太子立像(孝養像)」(奈良・元興寺)、重要文化財「五大明王像(厨子入)」(奈良・宝山寺)、重要文化財「文殊菩薩騎獅像」(奈良・般若寺)をはじめ、真言律宗一門から選りすぐりの寺宝を展示します。
=========================
【東京展】
三井記念美術館
2017年4月15日(土)~6月11日(日)

【大阪展】
あべのハルカス美術館
2017年7月29日(土)~9月24日(日)

【山口展】
山口県立美術館
2017年10月20日(金)~12月10日(日)
=========================

詳細⇒奈良西大寺展

寺社フェス「向源2017 〜かわりたい〜」を5月6日、5月7日に開催します!

寺社フェス「向源2017 〜かわりたい〜」

寺社フェス向源は、宗教や宗派を超えた仏教や神道、それらを含めた日本の文化を体験できるイベントです。
7年目を迎える今年のテーマは「かわりたい」。

向源自身も変化を遂げ、今年は初の年2回開催!5月には東京、10月には京都という二つの京(みやこ)で、時を経てなお日本の暮らしと文化の根底に息づく「源」に触れ、自分自身の「源」に「向」きあう場をつくります。

=========================

向源2017 開催概要

【開催日時】 
2017/5/6(土)9:00~20:00
2017/5/7(日)※時間は各本山ツアーに準じる

【会場】
2017/5/6(土)  中目黒 正覚寺
2017/5/7(日)  京浜四大本山(増上寺・池上本門寺・川崎大師・總持寺)

【チケットについて】
ネットでの販売のみとなります(事前にPeatixへの登録が必要です)。会場での当日券の販売はございません。
チケットは5月6日の中目黒 正覚寺では、声明公演とのセット販売(2種)、向源寄席、庭でのLive、workshop(個別販売分)と5タイプあります。5月7日の京浜四大本山ツアーは各お寺ごとのチケットとなります。
各体験講座・公演の時間はタイムテーブルにてご覧いただけます。

5月6日の中目黒 正覚寺の境内への入場はチケット購入者のみになります。チケットを購入されていない方は入場できませんのでご注意ください。チケットの確認は中目黒 正覚寺の門にてご確認させていただきます。
詳しくは参加方法ページをご覧ください。

☆☆☆

2017年5月6日(土)
場所:中目黒 正覚寺

・宗派を超えた声の響き 声明公演
・死の体験旅行
・向源寄席 
・脳科学者 中野信子×向源代表 友光雅臣トークショー
・お坊さんと話そう
その他、源と向き合う体験型ワークショップやDJ,LIVE等 多数!

2017年5月7日(日)
場所:京浜四大本山ツアー(増上寺・本門寺・川崎大師・総持寺)
僧侶によるDeepお寺案内と修行体験のセット

・Deep増上寺 & お念仏と礼拝 修行体験
・Deep本門寺 & 唱題行 修行体験
・Deep川崎大師& 護摩修行見学と彩色仏画(仏さまのぬりえ)
・Deep総持寺 & 坐禅  修行体験


>>>HOME 向源オフィシャルサイト


=========================

詳細⇒向源オフィシャルサイト

※過去のイベント情報※

2015年~2016年のイベント情報はこちら >>>

2013年~2014年のイベント情報はこちら >>>

2011年~2012年のイベント情報はこちら >>>


ブッダワールドでは全国の寺院情報は勿論のこと、仏教の歴史や日本の歴史、仏教用語、観光情報等仏教に関する様々な情報を独自の「ブッダワールド的視点(ブッダワールドスタイル)」でご案内しております。

BUDDHA WORLD STYLE
仏教の基礎知識
仏教の基礎知識
仏教概略、仏教用語、仏式冠婚葬祭
寺院で悠久の歴史を体感する
寺院で悠久の歴史を体感する
しばし古の空間へ
宿坊紹介/寺院に泊ってパワーチャージ
宿坊紹介/寺院に泊ってパワーチャージ
宿坊紹介/お寺に泊ってみよう
寺院で学ぶ・体験する
寺院で学ぶ・体験する
お寺で体験できる修行や教室案内
精進料理で旬を愉しむ十二ヶ月
精進料理で旬を愉しむ十二ヶ月
精進料理とは、お寺で精進料理
日常生活に仏教を取り入れる
日常生活に仏教を取り入れる
とっておき仏教空間、おうちで仏教
REPORT・PICK UP・EVENT
ブッダワールドレポート
ブッダワールドレポート
仏教系情報を取材し、掲載
仏教関連ピックアップ
仏教関連ピックアップ
ブッダワールド特集企画
仏教系イベント情報
仏教系イベント情報
仏教系イベント情報をご紹介
BOOK・GUIDE・NAVI
書籍のご案内
書籍のご案内
最新仏教書情報やオススメ仏教書
霊場・七福神ガイド
霊場・七福神ガイド
全国の霊場・七福神情報をご案内
寺院ナビ
寺院ナビ
全国各地の寺院紹介(ご利益他)
LIST・LINK
宗派一覧
宗派一覧
全国の各宗派一覧
仏教系リンクのご案内
仏教系リンクのご案内
仏教系サイトリンク
HOMEお問合せ・掲載依頼フォーム広告掲載についてサイトマップ運営会社
Copyrightc2011 buddha-world. All rights are reserved